うどんに関する情報が満載!

うどんを簡単にアレンジする方法

うどんの食べ方で最もメジャーなものは、器に温かいだしとネギなどの具が入った「かけ」です。
でも、暑い季節になると、そのような汁物はあまり食べたいと思わなくなります。
暑い季節でも食べやすいのは、そうめんのようにめんつゆにつけて食べたり、市販のトマトつゆやごまだれをかけて食べるのがおすすめです。
スーパー等のチルドコーナーに売られている1玉1玉が個装されたゆでうどんは、1つ50円もせずお買い得ですが、茹でられた状態で工場から出荷され、時間が経っているのでコシはありません。
ゆでうどんにコシを出すためには、個装袋の口を開けて電子レンジで20から30秒加熱します。
すると、めんの水分が飛んで引き締まります。
そのレンジ加熱したものを器に移し、生卵を割り入れ、めんつゆを一回しかけて箸で混ぜて食べると「釜玉」にアレンジすることができます。
コシもあるので、美味しさが増しています。
七味を少々振りかけると風味が増すし、体内の新陳代謝も促してくれるので良いです。

うどんのアレンジ料理について

うどんは、そばやラーメンとは異なり、麺そのものにあまり特徴がありません。
もちろん、何か混ぜ込むなどすれば、その混ぜ込んだ食材の特徴が出ますが、麺自体が主張するということはあまりありません。
この特徴は、そうめんやひやむぎにも言えることです。
そのため、ちょっと工夫するだけで、料理のアレンジの幅もだいぶ広がります。
最も簡単な温かけにしても、レトルトのカレーをかけて薬味にネギを添えるだけでカレーうどんに早変わりします。
汁なしにすれば、坦々麺風になっておいしそうです。
あるいは、普通の焼そばを作る要領で麺だけ変えて作れば、焼うどんになります。
さらに、味付けにソースではなくしょうゆを使い、最後にかつおぶしと青ネギをちらすだけで和風にすることもできます。
冷やし系でも、単なるぶっかけだけではなく、冷やし中華のような具財を使い、ややすっぱい感じのタレを使えばサラダ風になります。
最後にごま油を回しかければ、風味が出てアクセントにもなります。

Favorite


乱視用カラコン 通販


最終更新日:2021/3/3

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>